気になる神様

猿田彦神

この神に興味をもったのは手塚治虫さんの漫画『火の鳥』の中で猿田彦が重要な役どころで登場して特に鳳凰編で猿田彦の子孫、我王にとても惹かれたためなんです。
そのため神としての猿田彦にも興味を持ちました。
手塚さんがこの代表作とも言える火の鳥で主人公をなぜ猿田彦にしたのか知りたくなったんです。
まず神としての猿田彦神から調べて行きましょう。
この神は日本神話の天孫降臨のときに出てきます。
天孫である邇邇芸尊(ニニギノミコト、アマテラスの孫神)が天降りしようとしたとき道案内をしてくれた国津神です。
これって国津神の裏切り者なんでしょうか?
奥様は天宇受売命(アメノウズメノミコト)です。天宇受売命は天岩戸で活躍された神様でこの神様も大好きな神様です。
猿田彦は天狗のモデルとも言われています。大神と言われてるからとても力があった神様だと思います。
名前から言うと猿の神様ですよね。と言う事は孫悟空やハヌマーンと関係あるのかな?
詳しくはここ参照してください。猿田彦神
道祖神とも関係が深いそうでこの神はとても身近な神様なんですね。

さて話を戻して火の鳥での猿田彦というと、猿田彦または人類すべてのの悪行や宿業を背負って生まれ変わりを繰り返し、悩み苦しんで最終的には人類の最後を見届けることになります。
特に鳳凰編の我王(猿田彦の生まれ変わり)はインパクトが強くみなさんにもぜひ火の鳥鳳凰編を見て頂きたいと思っています。
[PR]
by omonimaru | 2009-12-11 19:53 | 神様
<< お稲荷様 かかしの神様 『久延毘古(くえ... >>



気になる神様について書いてみます
カテゴリ
全体
神様
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
お稲荷様
at 2009-12-14 19:20
猿田彦神
at 2009-12-11 19:53
かかしの神様 『久延毘古(く..
at 2009-12-10 21:27
1、少名毘古那神(すくなびこ..
at 2009-12-06 21:38
今日からブログを始めます
at 2009-12-05 21:20
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧